韓国語能力試験

2014年度 下半期韓国語能力試験(TOPIK)の改編体制施行のお知らせ

この度、2014年度 下半期韓国語能力試験(TOPIK)から試験の体制(試験概要)が一部変更となります。下半期より受験をご希望の方は、お手数ですが下記内容を必ずご確認ください。

◆改編体制実施日程

第36回韓国語能力試験:2014年10月12日(日)から

◆主要内容

◆変更点

  • ※選択級:現行3つ(初・中・高級)から2つ(Ⅰ・Ⅱ)になり、Ⅱは現行の中級と高級が1つになる。
  • ※合格級:現行通り取得した点数により数字の級で評価。合格点に満たない場合は、不合格。
  • ※出題問題:Ⅰは現行の語彙及び文法と書取りが無くなり、Ⅱは語彙及び文法問題がなくなる。
  • ※試験時間:Ⅰは休憩時間がなくなったが現行より80分短くなり、
    Ⅱは1時間目が110分、30分休憩後、2時間目を70分実施。

◆改編体制のサンプル問題

韓国語能力試験(TOPIK)の改編体制施行に関するQ&A