韓国語能力試験

韓国語能力試験 TOPIK

韓国文化の理解及び留学などの学術的性格に必要な能力の測定・評価を目的とする。

◆受験資格

特に制限はございません。

◆級の選択

TOPIKⅠ(1~2級:旧初級)・TOPIKⅡ(3~6級:旧中級+上級)の2つから選択
※ 数字の級は選択できません。

◆級別の認定基準

TOPIKⅠ (1~2級) 1級 自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できる。800語程度の基礎的な語彙と基本文法を理解でき、簡単な文章を作れる。
2級 電話やお願い程度の日常生活に必要な言語(ハングル)や、郵便局、銀行などの公共機関での会話ができる。1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる。
TOPIKⅡ (3~6級) 3級 日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能。
4級 ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語(ハングル)が使用可能。よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解を基に社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用可能。
5級 専門分野においての研究や業務に必要な言語(ハングル)をある程度理解でき使用可能。
6級 政治・経済など全般的なテーマにおいて不便なく利用可能。ネイティブ程度までではないが自己表現に問題なく話すことが可能。

◆問題の種類及び配点

kankoku-TOPIK

※上記表は目安
※TOPIKⅡの書取りは、中級レベルは200~300文字程度の説明文、上級レベルは600~700文字程度の論述文

◆合格基準

受験級 TOPIKⅠ TOPIKⅡ
等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級
合格点 80点以上 140点以上 120点以上 150点以上 190点以上 230点以上

取得した点数により数字の級で評価。合格点に満たない場合は、不合格。

次のページへ