試験会場開設・運営

韓国語能力試験の新会場の設置および運営をご希望される場合、下記の条件をご確認の上、お申込みください。

設置条件

  1. 年1回以上実施できる機関
  2. 各級別に100人以上の受験者を確保できる機関
  3. 教育機関独自の施設内に試験場を設置できる機関
  4. 試験場の監督および運営が可能な機関

手続き

  1. 申請様式と運営機関情報、施設の写真を【topik@kref.or.jp】までメールで提出してください(@マークを半角に修正してお送りください)
  2. 書類審査
  3. 審査結果を通知(申請書の提出から通知まで約1ヶ月かかります。)

業務内容

  1. 試験場・教室確保
  2. 受験者誘致
  3. マニュアルに添って試験準備および報告書作成
  4. 試験当日の監督および管理
  5. 感染症防止対策
  6. 精算