奨学金について

奨学金申請のお申込み
一般奨学金のお申し込みはコチラ
碧夆奨学基金のお申し込みはコチラ
奨学金支給に関するよくあるご質問

お申込に必要な書類(各1通)

1.応募申込書(当財団所定の様式)

応募申込書テンプレートのダウンロードはコチラ>>>

2.奨学生身上書(当財団所定の様式)

奨学生身上書テンプレートのダウンロードはコチラ>>>

3.推薦状(当財団所定の様式)

※ 学校長、学部長または指導教授の推薦。但し新入生は最終卒業校の推薦。

※ 米国トップスクールは職場上司か最終卒業校の推薦

推薦状テンプレートのダウンロードはコチラ>>>

4.在学証明書

※ 米国トップスクールは合格証明書

5.成績証明書

※ 高校新入生は中学、大学新入生は高校の成績。

※ 米国トップスクールは必要なし

6.住民票(本人)

7.所得証明書(収入のある家族の源泉徴収票または納税証明その2)

※ 必ず給与所得控除後の金額が分かるもの

8.次に該当する者は公的機関発行の証明書を添付してください。

1. 生活保護証明

2. 身体障害(家族)証明

3. 長期療養(家族)証明

4. 被災証明(被災10年を経過したものは無効)

5. 韓国語能力試験認定書(コピー可)

 ※受給2年目からは認定書の提出を原則とし、未提出の場合には不利になる可能性あり

要項・申請書の入手方法

上記申込書類からダウンロードしてください。もしくはお近くの民団及び韓国教育院でお取り寄せ下さい。

書類の提出

お近くの民団地方本部へ提出してください。教育院へは民団から直接伝達され、最終的に財団に届きます。

※ 米国トップスクールは直接財団へ提出してください。

注意事項

必ず民団及び教育院の推薦を受けてください。推薦が無いと減点される場合があります。

奨学生選定

本財団の選考基準に従って書類審査、必要によっては面接審査のうえ決定いたします。

審査の結果はメールにて発表いたしますので必ずパソコンのメールアドレスを記載ください。

※他の団体や機関から奨学金(返済義務無し)を受けている方は受給対象外となります。

※提出された書類は返却いたしませんのでご了承ください。

※選考結果についての電話によるお問合わせは受付ておりません。

公益財団法人韓国教育財団 奨学生募集

1. 応募資格

    次の各号の一に該当する者には奨学金受給への応募が認められる。
  • ⑴ 韓国籍で、なおかつ日本の永住権を保持し、日本国内の高校・大学・大学院のいずれかに在学する
    満30歳未満の者。
    ※応募者の在学校は、韓日両国政府の認定校に限る。
    ※大学院課程の応募者は、同課程の卒業履歴のない者に限る。
  • ⑵日本国籍者(帰化同胞を含む)は、更に韓国学を専攻し、韓国語能力試験3級以上の取得が条件。
  • ⑶上記⑴⑵のいずれかに該当し、成績優秀でありながら学費の支弁が困難な者。
  • ⑷他の団体や機関から返済不要奨学金の支給を受けていない者。
  • ⑸兄弟姉妹での申請可。(選抜は最大1名のみ)

2.応募期間 (各地の民団地方本部・文教部への提出期限)

2018年5月01日から受付を開始、6月20日必着。

3.奨学金支給額と支給期間、返済義務

⑴支給額  高校生   年額  120,000 円

      大学生   年額  500,000 円

      大学院生  年額 1,000,000 円

⑵支給期間 1 年間

⑶返済義務 なし

4. 応募書類の提出先(受付)と2段階推薦のこと

提出先:応募書類は一括して最寄りの民団地方本部(下記参考を参照)「文教部」に提出すること。
推薦①:応募書類は提出先の民団地方本部団長の推薦印を得た後に、
推薦②:当該地域を担当する韓国教育院に自動回送され、同院長の推薦を得る。
財団受領:2段階推薦を得た応募書類は、最終的に当財団に自動回送され受付が完了する。
※民団・教育院による推薦のない応募申請は評価が減点されることがある。

[参考:日本全国各地の民団の連絡先マップ]
http://www.mindan.org/chihouhonbu.php

5. 応募書類の不備

提出された応募書類に記入もれなどの不備があった場合は審査不能とみなされ、
選考対象から除外されるので十分に注意すること。

6.選考、そして合否結果の通知

・本財団の選考委員会にて厳正な審査と選考が行われる。必要に応じて個別面接を行う場合もある。
・合否の結果は申込書に記入された応募者個人のPC メールアドレスに通知される。

提出書類の一覧